チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群

スポンサーリンク

チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群の解説・紹介

プラーサート・ワット・プー (Wat Phou) は、ラオス南部チャンパーサック県にあるカオ山の麓ににあるクメール遺跡の一つです。インドシナ半島を流れるメコン川の西岸にあたります。

ワット・プーは、当初、クメール文化が栄えた11世紀頃にクメール人が宮殿/城として建設されました。クメール人の宗教であったヒンドゥー教を基にした城でしたが、13世紀頃からタイ・ラーオ系民族が南下し、ラーンサーン王国時代にラーオ族の勢力があたりを占拠すると、この城が神聖視されるようになり、ほとんどの遺跡が上座部仏教寺院のとして位置づけらるようになった経緯があります。

レンガや石に芸術的な彫刻が施されたワット・プーは、自然の巨大岩石が頂上に直立するというユニークな自然景観を備えています。また、周辺には、3?13世紀の古代集落群からなる都市遺跡が残されています。

1988年ラオス政府は、ワット・プーを含む地域と、近隣の寺を中心とする2地域、合計3地域からなる広域な地区を、ワット・プーの関連遺跡および周辺の自然を守るために保護地区に指定。1997年には大統領令で、遺跡の保護枠が明確に定められています。そして、2001年12月にワット・プー(ヒンドゥー寺院の廃墟)とその周辺を取り巻く遺跡群がユネスコの世界遺産に登録されています。

IMG_5020
IMG_5020 / kenner116
IMG_5046
IMG_5046 / kenner116
名称 / 英語名
チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群 / Vat Phou and Associated Ancient Settlements within the Champasak CulturalLandscape
種別
文化遺産
登録基準
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
登録基準とは?
登録年
2001年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Vat Phou and Associated Ancient Settlements within the Champasak CulturalLandscape ページ
IMG_4991
IMG_4991 / kenner116
IMG_5003
IMG_5003 / kenner116
IMG_5006
IMG_5006 / kenner116

チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群の詳細地図

お勧め参考書籍

最新!チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群旅行写真ギャラリー

IMG_5038
IMG_5038 / kenner116
Laos_2016_17-150Laos_2016_17-155Laos_2016_17-154Laos_2016_17-151Laos_2016_17-152Laos_2016_17-153Laos_2016_17-157Laos_2016_17-158Laos_2016_17-161Laos_2016_17-160Laos_2016_17-156Laos_2016_17-159Laos_2016_17-163Laos_2016_17-162Laos_2016_17-164Laos_2016_17-166Laos_2016_17-165Laos_2016_17-167CamouflageWat Phu

チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群 旅行記ブログ – リンク集

A feed could not be found at http://www.google.com/blogsearch_feeds?q=チャンパサック+ワット・プー+旅行記+-ガイド&hl=ja&lr=lang_ja&biw=914&bih=696&num=10&output=rss

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ