胡朝の城塞

スポンサーリンク

胡朝の城塞の解説・紹介

胡朝の城塞は、ベトナム北中部のタインホア省ヴィン・ロック郡ヴィン・ロン村及びヴィン・ティエン村で発掘された遺跡群です。

陳朝末期の大臣、ホ・クイ・リーが支配した王朝である胡朝(1400~1407年)の時代に建てられたもの。1962年にヴェトナムの国家遺産に、2011年7月にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

東西南北に風水の原理に基づいた美しいアーチ型の門があります

名称 / 英語名
胡朝の城塞 / Citadel of Ho Dynasty
種別
文化遺産
登録基準
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
2011年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Citadel of Ho Dynasty ページ

胡朝の城塞の詳細地図

緯度:20.08 経度:105.60

お勧め参考書籍

最新!胡朝の城塞旅行写真ギャラリー

胡朝の城塞 旅行記ブログ – リンク集

A feed could not be found at http://www.google.com/blogsearch_feeds?q=胡朝の城塞+旅行記+-ガイド&hl=ja&lr=lang_ja&biw=914&bih=696&num=10&output=rss

cURL error 6: Couldn’t resolve host ‘pipes.yahoo.com’

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ