アゼルバイジャン共和国

アゼルバイジャン共和国

コブスタンの岩面画の文化的景観

先史時代の岩絵 / 岩石画が残るコブスタン コブスタンの岩絵 / 岩石画は、アゼルバイジャンの首都バクーから南西へ約60km ほどの所、アゼルバイジャン中央部の半砂漠?ガラダフ地区とアプシェロン地区、ジンフィンダシュ山のヤジリテペ丘陵...
アゼルバイジャン共和国

城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔

城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔の解説・紹介 2000年に世界遺産に登録された城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔は、アゼルバイジャンでの最初の世界遺産です。バクーとは、ペルシア語で「風の吹く町」という...
タイトルとURLをコピーしました