ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトと周辺 / The Four Lifts on the Canal du Centre and their Environs, La Louvière and Le Roeulx

スポンサーリンク

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトと周辺の解説・紹介

ベルギー王国エノー州のラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトは、水力式の船舶昇降機(ボートリフト)です。

サントル運河には最大66.2メートルもの高低差があります。そこで、1888年に最初のリフト(船舶昇降機)が作られ、1917年には他の3つのリフトも開かれました。

エレベーターは二重になっており、2つの垂直に移動するタンクもしくは潜函が鉄柱によって中央に配置されています。

二つの柱は水圧式でつながれており、一方が下がるともう一方が上がるようになっており、重量も釣り合いが取れるようになっています。

これらのリフト(船舶昇降機)は、19世紀ヨーロッパの水力技術の急速な発展を示す好例で、運河建設に工学技術を導入したレベルの高いものであるとして1998年に世界遺産に登録されました。

その後、2002年には高低差73メートルの昇降が可能という世界最大級のストレピ=ティウ船舶昇降機が完成したため、商業的な運行はこちらが使われるようになっています。

そのため、世界遺産に登録された4基のリフトは、現在、娯楽用に使われています。

Lift No3, Canal du Centre, Belgium
Lift No3, Canal du Centre, Belgium / John Williams / Eurapart
名称 / 英語名
ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトと周辺 / The Four Lifts on the Canal du Centre and their Environs, La Louvière and Le Roeulx
種別
文化遺産
登録基準
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
1998年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の The Four Lifts on the Canal du Centre and their Environs, La Louvière and Le Roeulx ページ
Strepy-Thieu
Strepy-Thieu / fdecomite
Strepy-Thieu
Strepy-Thieu / fdecomite

ラ・ルヴィエールとル・ルーの詳細地図

ルートを検索

お勧め参考書籍

最新!ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトと周辺旅行写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Lifts,Canal,Centre,’)); ?>

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトと周辺 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク