トゥルネーのノートルダム大聖堂 / Notre-Dame Cathedral in Tournai

フランスとの国境に程近いベルギー西部の街・トゥルネー(Tournai)は、ロマネスク様式の壮麗な建築物が屹立するベルギー最古の街です。

その街の中心にそびえ立つのがノートルダム大聖堂です。美しい5つの塔を持ち、ベルギーで最も重要な大建造物の一つです。

Belgique : Tournai, cathèdrale Notre-Dame de Tournai. XIIe
Belgique : Tournai, cathèdrale Notre-Dame de Tournai. XIIe / (vincent desjardins)
スポンサーリンク

トゥルネーのノートルダム大聖堂の解説・紹介

トゥルネーのノートルダム大聖堂は、1171年5月9日に献堂されて以来、その大部分が現存していますが、内陣は後期ゴシック様式に立て替えられています。

そのため、全長134メートル、翼廊の幅66メートル、高さ83メートルを筆頭とする5つの塔がそびえる大聖堂は、身廊と交叉部がロマネスク様式、内陣がゴシック様式と二つの建築様式が混在しています。

大聖堂の内部には、6世紀の初代司教聖エルテールなど大聖堂の成り立ちを描いた全長22メートルにも及ぶタペストリーや、ベルギー七大秘宝の一つである聖遺物箱など、様々な宝物が収められています。美しいステンドグラスも見ものです。

トゥルネーの街のシンボルである大聖堂は、1999年10月に竜巻が直撃。装飾や外壁、屋根など外面が被害にあっただけでなくい、建物自体が歪んでしまったため、2000年から大規模な修復作業がスタートしています。この修復作業は、2030年まで続く予定です。

Tournai Square
Tournai Square / Daxis
Tournai Cathedral
Tournai Cathedral / Matthew Black
Cathédrale de Tournai - intérieur #1
Cathédrale de Tournai – intérieur #1 / stephanemartin
Jacques Du Brœucq?
Jacques Du Brœucq? / ines s.
Cathedral of Notre Dame de Tournai (Doornik)
Cathedral of Notre Dame de Tournai (Doornik) / Fugue
名称 / 英語名
トゥルネーのノートルダム大聖堂 / Notre-Dame Cathedral in Tournai
種別
文化遺産
登録基準
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
2000年
公式サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Notre-Dame Cathedral in Tournai ページ

トゥルネーのノートルダム大聖堂の詳細地図

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

お勧め参考書籍

最新!トゥルネーのノートルダム大聖堂旅行写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Cathedral,Tournai’)); ?>

トゥルネーのノートルダム大聖堂 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク