モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 / Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons)

「モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石(ひうちいし)採掘地」は、ベルギーの首都ブリュッセルから電車で約1時間の距離にあるモンス市近郊のスピエンヌ村にあります。

スポンサーリンク

ヨーロッパの新石器時代の貴重な遺跡「モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地」

モンス市スピエンヌは、ベルギーのワロン地方のエノー州の州都で、石灰岩地帯の町です。そこにヨーロッパ最古の鉱山跡があります。

しかしながら、19世紀に鉄道敷設中に発見されるまで、長い間、歴史の中に埋もれていました。

発見された古代の採掘跡は、ベルギーのみならず、ヨーロッパ全体でも非常に重要な意味を持つものでした。

ヨーロッパの新石器時代は、ギリシアで紀元前7000年頃、西ヨーロッパでは紀元前4500年頃からと考えられています。

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地は、その 人類の黎明期、農耕や牧畜がはじまりとされる新石器時代の貴重な遺構なのです。

周囲には集落の跡も発見され、紀元前4000年から紀元前750年頃まで、火打ち石用の石英などの鉱石を採掘していたと見られています。

採掘の坑道は深さ約10メートルまであり、地下採掘坑内の面積は100ヘクタールにも及びます。 現在も、この貴重な遺跡の発掘作業が進められています。

なお、スピエンヌ村のあるモンス市には、ベルギーでも屈指の美しさを誇る「聖ウォードリュ参事会教会」や、「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産に登録されている鐘楼の一つもあります。

古くから炭鉱が盛んな土地で、モンスから約15kmの距離には、1810年に建造された炭鉱のための複合施設も残されています。

また、画家のゴッホは、炭鉱地帯で伝道師をしていたこともあり、モンスから約3キロほどの距離にあるキューム村には、ゴッホが1879〜1880年にかけて住んでいた「ゴッホの家」が残されています。


Mines Préhistoriques de Spiennes, Patrimoine mondial de l’Unesco / ines s.
名称 / 英語名
モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 / Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons)
種別
文化遺産
登録基準
(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
2000年
公式サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons) ページ

Mines Préhistoriques de Spiennes, Patrimoine mondial de l’Unesco / ines s.

Mines Préhistoriques de Spiennes, Patrimoine mondial de l’Unesco / ines s.

Mines Préhistoriques de Spiennes, Patrimoine mondial de l’Unesco / ines s.

Mines Préhistoriques de Spiennes, Patrimoine mondial de l’Unesco / ines s.

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地の詳細地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

お勧め参考書籍

最新!モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地旅行写真ギャラリー

1919SpiennesLe 4ème Roi-Magesilexs-2silexs-3silexs-4silexs-5silexs-6silexs-7silexs-10silexs-11silexs-9silexs-12silexs-14silexs-13silexs-15silexs-21silexs-23silexs-22silexs

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 旅行記ブログ – リンク集

A feed could not be found at https://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=&q=モンス市スピエンヌ+旅行記+-ガイド&tbm=blg&output=rss

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク