リガ歴史地区 / Historic Centre of Riga

スポンサーリンク

リガ(リーガ)歴史地区の解説・紹介

バルト海沿岸の中央に位置するリガは、ラトビア共和国の首都。ラトビア最大の人口を持つ都市です。

バルト海交易の中心地として非常に繁栄し、旧市街には、当時の街並みや商人組合の建物が残されています。

新市街にも、20世紀初頭に建てられたアール・ヌーボー建築が300以上もあります。

リガの歴史を振り返ると、1200年にブレーメン司教アルベルトによって聖堂や兵舎が築かれました。1255年には大司教座が置かれました。

1282年に北ドイツの有力な都市連合のハンザ同盟に加わり、13~15世紀にバルト海東岸の商業の中心地として、ロシアと西ヨーロッパ地域を結ぶ交易を活発に行い、海運の中枢を担う商人の町として繁栄したのです。

そのため、旧市街には中世ドイツ、特にハンザ同盟時代の町並みが残されています。

町の中心部近くにあるリガ大聖堂をはじめ、聖ヨハネ聖堂、聖ペテロ教会堂は13世紀に建てらています。

リガ大聖堂は、その後18世紀まで増改築が繰り返されたため、ロマネスク、ゴシック、バロックなど、さまざまな建築様式が見られます。

こうして、リガは「バルト海の真珠」、「バルトのパリ」と讃えられる美しい港町となりました。

旧市街は1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

1997年に登録されたラトビアの世界遺産(文化遺産)で、タウガバ川がリガ湾に注ぐ河口より10kmほど遡ったところに位置する、首都リガの旧市街と新市街。

Old city. Riga.
Old city. Riga. / Sergey Vladimirov
名称 / 英語名
リガ歴史地区 / Historic Centre of Riga
種別
文化遺産
登録基準
(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
登録基準とは
登録年
1997年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Historic Centre of Riga ページ
Town Hall Square. Riga. Latvia
Town Hall Square. Riga. Latvia / Sergey Vladimirov
Sunrise over Riga
Sunrise over Riga / Desmond Kavanagh
Riga Lane
Riga Lane / Desmond Kavanagh
Riga Latvia 452 elizabetes iela 10b
Riga Latvia 452 elizabetes iela 10b / David Holt London
Riga Latvia 560
Riga Latvia 560 / David Holt London
Riga Latvia 430
Riga Latvia 430 / David Holt London
Riga Latvia 758
Riga Latvia 758 / David Holt London
Riga Latvia 623 italian embassy
Riga Latvia 623 italian embassy / David Holt London
Riga Latvia 701
Riga Latvia 701 / David Holt London

リガ歴史地区の詳細地図

ルートを検索

お勧め参考書籍

最新!リガ歴史地区旅行写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘latvia,Riga,old’)); ?>

リガ歴史地区 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク