ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群 / Wooden Tserkvas of the Carpathian Region in Poland and Ukraine

スポンサーリンク

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群の解説・紹介

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群は、ポーランドのマウォポルスカ県・ポトカルパチェ県とウクライナのリヴィウ州・イヴァーノ=フランキーウシク州・ザカルパッチャ州に点在する16の木造教会(木造聖堂)から構成されます。

これらの木造教会は、16世紀から19世紀に建造されたギリシア正教会の聖堂です。

木造教会はポーランドやウクライナ以外にも多く存在しますが、「ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群」は、この地方の4つの民族への文化的な拡大と、様式的・装飾的・技術的特徴を代表するものとして2013年に世界遺産に登録されました。

自然遺産ではなく、文化遺産としては、初めての国境を越える世界遺産登録となりました。

ポーランド側には天使首聖ミハイル聖堂、聖パラスケヴァ聖堂、使徒小イアコフ聖堂などがありそれぞれに異なった建築様式を持っています。

ウクライナ側では、ドロホブィチの聖ゲオルギオス聖堂、天使首ミハイル会衆聖堂、至聖三者聖堂が有名です。

現在は、教会のほか博物館となっている建物もあります。

名称 / 英語名
ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群 / Wooden Tserkvas of the Carpathian Region in Poland and Ukraine
種別
文化遺産
登録基準
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
2013年
公式サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Wooden Tserkvas of the Carpathian Region in Poland and Ukraine ページ

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群の詳細地図

お勧め参考書籍

最新!カルパティア地方の木造教会群の写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Carpathian,travel’)); ?>

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク