コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群 / Prehistoric Rock-Art Sites in the Côa Valley and Siega Verde

スポンサーリンク

コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群の解説・紹介

コア渓谷とシエガ・ベルデの岩絵遺跡群は、ポルトガルとスペインに位置する世界遺産です。

1980年代後半、ポルトガル北東部のヴィラ・ノヴァ・デ・フォス・コア(Vila Nova de Foz Côa)のコア川(Côa river)流域の渓谷で岩絵遺跡群が発見されました。

馬、牛、他の動物、人物、抽象的な図像など約5000点にも及ぶ線刻画で、1万年から2万年前の旧石器時代に描かれたものと見られています。

1995年から考古学者の特別チームがこれらの先史時代の岩絵群の研究と分類をするようになり、いくつかのエリアで観光客を迎え入れるために公園も設定されました。

ところが、当時はコア渓谷周辺にダム建設の計画があり、岩絵遺跡群が水面下に沈むことになる事態となりました。最終的には、ダム建設反対運動が起こり、ダムの建設は見送られました。

1998年に「コア渓谷の岩絵遺跡群」として初めて世界遺産に登録されました。

コア渓谷の岩絵遺跡群は、コア川下流域の約17 km にわたって広がる16の岩絵遺跡群のグループから成り立っています。

その後、隣接する地域であるスペインのカスティーリャ・イ・レオン州シエガ・ベルデ周辺でも約440点の線刻画が発見され、2010年に世界遺産に拡大登録されました。

コア渓谷とシエガ・ベルデで発見された岩絵群は、渓谷沿いの切り立った断崖に線刻画の技法を使って描かれています。

その多くは細く流麗な線で描かれていますが、太線で描かれているものもあります。大きさは、15cm から180cm まで様々。 主にウマ、ウシ、ヤギなどの動物を表したもので成り立っており、人物画や抽象的な図像もあります。

これらの線刻画は20000年前にまで遡ると算定されており、考古学者たちは、これらの場所は先史時代の人間たちの聖域のようなものであったと考えています。

Vila_Nova_de_Foz_Coa_rio_Douro
Vila_Nova_de_Foz_Coa_rio_Douro / TurismoenPortugal
名称 / 英語名
コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群 / Prehistoric Rock-Art Sites in the Côa Valley and Siega Verde
種別
文化遺産
登録基準
(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
登録基準とは
登録年
1998年
拡張年:2010年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Prehistoric Rock-Art Sites in the Côa Valley and Siega Verde ページ

コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群の詳細地図

お勧め参考書籍

最新!コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群旅行写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Côa,Valley,Siega,Verde,l’)); ?>

コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク