オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群 / Dacian Fortresses of the Orastie Mountains

スポンサーリンク

オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群の解説・紹介

オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群は、紀元前1世紀から1世紀にかけてローマ帝国の侵攻に対抗するために、ダキア人独特のムルス・ダキクス様式で建造された要塞で、6つの古代砦の跡が残されています。

場所は、ルーマニア中西部トランシルヴァニア地方のフネドアラ県、アルバ県に広範囲に渡っています。

1999年に世界遺産として登録されたのは、デケバルスの防衛システムを形成していた要塞群、すなわちサルミゼゲトゥサ、ブリダル、ピアトラ・ロシエ、コステシュティ、カプルナ、バニツァの6箇所に残る遺跡です。

ダキア人は、あたりに最初に住みついた民族で、ルーマニア人の先祖とも言われています。これらの遺跡は、当時の革新的だった古代文明の姿を今日に伝えています。

当時、ローマ帝国は、絶えずこの地を狙って攻撃を仕掛けていましたが、これに対抗してダキア人は、オラシュチエ山脈の南の山地に砦を築いてローマ軍の侵略を防いでいました。

しかし、105~106年の戦いに敗れ、275年までローマ人による支配が続きました。このローマ人によるダキア人の征服は、その後のルーマニアの歴史と文化、国民形成にとって決定的な出来事となりました。

UNESCO: Dacian Fortresses of the Orăștie Mountains
UNESCO: Dacian Fortresses of the Orăștie Mountains / KLMircea
名称 / 英語名
オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群 / Dacian Fortresses of the Orastie Mountains
種別
文化遺産
登録基準
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
1999年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Dacian Fortresses of the Orastie Mountains ページ

オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群の詳細地図

お勧め参考書籍

最新!オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群旅行写真ギャラリー

Sarmizegetusa RegiaDSC06738DSC06735DSC06733DSC06729DSC06727DSC06724DSC06717DSC06706DSC06696DSC06694DSC06688DSC06686DSC06683DSC06679Untitled Flickr photoDSC06661DSC06655DSC06652Untitled Flickr photo

オラシュチエ山脈のダキア人の要塞群 旅行記ブログ – リンク集

A feed could not be found at http://www.google.com/blogsearch_feeds?q=ダキア+要塞群+旅行記+-ガイド&hl=ja&lr=lang_ja&biw=914&bih=696&num=10&output=rss

cURL error 6: Couldn’t resolve host ‘pipes.yahoo.com’

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク