カカドゥ国立公園

スポンサーリンク

カカドゥ国立公園の解説・紹介

カカドゥ国立公園には、大湿原、低地、高原などの大自然があります。カカドゥ国立公園には、クロコダイルをはじめ、多くの固有種の動植物が生息しています。また、カカドゥ国立公園には、オーストラリアの先住民アボリジニーによって洞窟や岩に描かれた絵が、現存しています。

カカドゥ国立公園は、オーストラリア北部、つまりノーザンテリトリーにある広大な自然公園です。40万年以上前から人が住んだ形跡があり、洞窟壁画が残されているという文化的意義、そして固有の動物、湿地帯などの環境的意義という2つの面を併せ持った公園です。

カカドゥ国立公園は、北部と南部とに大きく分けることができます。北部はマングローブが生い茂るバン・ディメン湾や広大な湿地帯が広がり、熱帯的な風景が広がっています。一方、南部はキャサリン峡谷付近にまで及び、砂岩質の断層崖、渓谷が特徴的です。

園内には、植物は約1500種、鳥類は約280種、ソルトウォーター・クロコダイルなどの爬虫類は約120種、その他、哺乳類は約50種、約30種の両生類、70種余の淡水魚、約1万種にも及ぶ昆虫が確認されています。

またカカドゥ国立公園は、アボリジニの文化と密接に関連した地域として知られており、アボリジニの文化にも触れることの出来るユニークな公園です。約5万~2万5000年近く前から先住民族アボリジニが住んでいたと見られる内陸部の岩場には、アボリジニの描いた壁画が3000以上も発見されています。

これらの岩壁画は、時代によってモチーフ・技法が様々で非常に興味深いものです。中でも最も有名な岩絵は、レントゲン技法で描かれたものです。主に紀元前5000年前のものと見られ、肺魚やウミガメの骨格や内臓が描かれている、という非常にユニークなものです。またカカドゥから出土した石製の斧は、世界最古の石器とみなされています。

なお、公園の名前はガグジュと呼ばれるアボリジニの方言の一つで、この民族集団の子孫は現在でもカカドゥに住んでいます。

Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
Aboriginal drawing on rock in Kakadu National Park, Australia
Aboriginal drawing on rock in Kakadu National Park, Australia / fvanrenterghem
Rock art, Nourlangie, Kakadu Park
Rock art, Nourlangie, Kakadu Park / Sarah M Stewart
X-ray art of a turtle
X-ray art of a turtle / ciamabue
Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
Kakadu Tour - Kakadu National Park
Kakadu Tour – Kakadu National Park / Territory Expeditions
名称 / 英語名
カカドゥ国立公園 / Kakadu National Park
種別
複合遺産
登録基準
(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
(7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
(9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
(10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。
登録基準とは
登録年
1981年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Kakadu National Park ページ

カカドゥ国立公園の詳細地図

緯度:-12.83 経度:132.83

お勧め参考書籍

最新!カカドゥ国立公園旅行写真ギャラリー

Mimi spirit with spear thrower and dilly bag
Mimi spirit with spear thrower and dilly bag / ciamabue
20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Kakadu,travel’)); ?>

カカドゥ国立公園 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ