ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋 / Mehmed Paša Sokolović Bridge in Višegrad

スポンサーリンク

ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋の解説・紹介

トルコ語でソコルル・メフメト・パシャ橋(Sokullu Mehmet Paşa Köprüsü)、セルビア語・ボスニア語・クロアチア語でメフメド・パシャ・ソコロヴィッチ橋(Мост Мехмед паше Соколовића / Most Mehmed-paše Sokolovića)と呼ばれる橋は、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部、スルプスカ共和国の町ヴィシェグラード市内を流れるドリナ川に架かっている橋です。

16世紀末、オスマン帝国の宮廷建築家だったミマール・スィナンが手がけた橋で、当時のオスマン帝国の建築水準の高さを例証する産業遺産として、2007年にユネスコの世界遺産に登録されました。

橋の名前は、この橋の建築を命じた大宰相ソコルル・メフメト・パシャ (Sokollu Mehmet Paşa) に由来します。

橋は、11の石組みのアーチから成っており、全長 179.5 m 。アーチは、20世紀の二度の世界大戦で壊滅的な被害を受けましたが、その後、再建されています。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中のヴィシェグラードの虐殺(Višegrad massacre、1992年)では惨劇の現場にもなった場所です。

ちなみに、ユーゴスラビアのノーベル文学賞受賞作家イヴォ・アンドリッチの代表作である歴史小説『ドリナの橋』は、このソコルル・メフメト・パシャ橋を舞台にしています。

Visegrad_Drina_Bridge_1
Visegrad_Drina_Bridge_1 / Julijan Nyča
名称 / 英語名
ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋 / Mehmed Paša Sokolović Bridge in Višegrad
種別
文化遺産
登録基準
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
登録基準とは
登録年
2007年
公式オフィシャル・サイト
ユネスコ / UNESCO 公式サイト内の Mehmed Paša Sokolović Bridge in Višegrad ページ
Вишеград: мостът на река Дрина
Вишеград: мостът на река Дрина / Михал Орела
Višegrad
Višegrad / EbsEls
Višegrad, Bosnia, Austro-Hungary-LCCN2002710702
Višegrad, Bosnia, Austro-Hungary-LCCN2002710702 / Fæ

ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋の詳細地図

お勧め参考書籍

最新!ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋旅行写真ギャラリー

20, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Mehmed,Paša,Sokolović’)); ?>

ヴィシェグラードのソコルル・メフメト・パシャ橋 旅行記ブログ – リンク集

スポンサーリンク

シェアシェアする

フォローする

スポンサーリンク